多摩エリアで霊園を探すときには

多摩エリアは、緑が多く残っている場所でありながらも都内からのアクセスも良いので、ここにお墓をたてようと考えている人も多い地域です。多摩エリアにはたくさんの霊園が用意されているのですが、それぞれの施設ごとにサービスの内容が違っています。後からトラブルがないようにしっかりと契約内容をチェックしておくことが必要になってきます。
お墓の種類として、大きく分けると屋外と室内があります。屋外では、一般的なお墓の他にも自然葬ができる施設も近年増えています。また、室内になると納骨堂という形で用意されており、屋外と変わらないような形式のお墓から遺骨だけを収納するロッカー式などもあります。室内では、予算的にもリーズナブルであり、お墓参りに行くにも足場が良いというメリットがあります。

屋外でもさまざまな供養の形がある

屋外にお墓を作るというと、一つの家庭で一つの墓石をたてるというのが一般的ですが、今日では墓石の代わりに樹木を植える樹木葬も人気があります。
樹木葬は、自然葬の一つでもあり、死んだ後には自然の流れの中に遺骨をかえすという意味で利用されています。自然葬には海で散骨を行う海洋葬などもありますが、樹木葬は手軽でありながらも比較的高齢の人にも受け入れやすい自然葬の形となります。
樹木葬は、墓石の代わりとして低い木を植えるというサービスもあるのですが、シンボルとなる一つの大きな木の下に区画分けをされて利用ができる施設もあります。骨壺が入るサイズの区画になっているので、狭い分だけ予算を抑えることができ、高額な墓石の費用も掛からないというメリットがあります。

室内にあるお墓から探してみよう

多摩エリアの霊園では、屋外だけでなく室内のお墓も用意されています。納骨堂と呼ばれる建物の中には、屋外のお墓と同じように墓石をたてて水をあげることもできる設備もあるのですが、コインロッカーのような形をしたロッカー式が主流です。
ロッカー式では骨壺だけを入れる形になり、上下左右に別の家のお墓があるということになります。しかし、仏壇式になれば両隣には別の家のお墓があるとしても、上下にはないので気を遣うこともありません。下段の扉の中に骨壺を収納することになり、上段には仏壇のように写真やお花、故人が好きだったものを並べることができるスペースが確保されています。
室内のお墓となると、建物内であることから足場も良く、車いすや杖をついた高齢の人でも天候に左右されず安心してお墓参りをすることができます。

ペットと一緒に入れるお墓をご紹介致します。 お墓を自宅の近くに引っ越したいという方向けの情報ございます。 競争率の高い公営墓地の募集も弊社サイトで最新情報をご確認頂けます。 墓石販売・法要業務のプロとしてしっかりサポート。 経験豊富な弊社スタッフがお客様の心の故郷となるような霊園をご提案させて頂きます。 きれいな霊園をご案内。心が安らぎます。 多摩で霊園をおさがしの方はこちらへ